2014年2月9日日曜日

8.イーシュワラ(ईश्वरः [īśvaraḥ])- 統治する者、権力者、神、宇宙の現象の全て

ईश्वरः
[īśvaraḥ]


masculine - 統治する者、権力者、神、宇宙の現象の全て




人生を豊かにしてくれる言葉とその知識


正しい伝統のもとでヴェーダーンタを勉強していると、

必ず聞く言葉、「イーシュワラ」。


普通に生きている人生において、必ず知っておきたい言葉であり、

自分の人生を生きながら、理解を深めて行くための言葉です。

なぜなら、イーシュワラの理解は、客観性、寛大で平穏な心をもたらしてくれるからです。

そんな心は、執着や葛藤、不安、憎しみ、後悔からどんどん自由になります。

そしてさらに客観性を増し、心の豊かさを増し、人生の意味がどんどん明らかになります。



そんな心はイーシュワラをより深く理解している心、もしくは知能といえます。


イーシュワラの意味を考える


上の見出しにある意味にはいくつありますが、

A. 統治する者、権力者 は文法的解釈。これは下で説明しますね。

B. 神 は一般的・宗教的解釈。

C. 宇宙の現象の全て は正しく理解するための手助けの言葉、です。

なんか、ばらばらのようで、ひとつのようで、、。

ゆっくり意味を見ていきましょう。


B.「」というと、信じる対象、つまり、信じたり信じなかったりすることが出来る対象です。

そして、今ここに居る自分とは違う場所、違う次元に居る感じがします。


C.「宇宙の現象の全て」とは、全てですから、今ここにいる私の体や心、

その生理学的、心理学的機構も全部含まれているのですよ。

もちろん、現在、過去、未来という全ての時間軸内、さらに全ての空間で、

起きている事、起こり得る事、全てです。

さらに、時間軸と空間軸に存在を与えている、全てを支えている、ボスです。

全てなのですから、さっきの神様のように、別の場所や次元で下を覗きこみながら、

私のことを嘲り笑っているわけにはいきません。

ということは、つまり、「全て=イーシュワラ」なのですから、

ここに在るもの全て、私の苦痛も、その原因も、将来の不安も、

都合の良いことも悪いことも、全てがイーシュワラなのです。


幸福の追求の為に必要な知識、それを教えてくれる聖典ヴェーダ


宇宙の創造のひとつとして、人間がうまく生きる為の智恵を教えるのが、

インドにある聖典、ヴェーダです。

何を教えているのかというと、全てはイーシュワラなのだ、と理解出来る為の、

心、もしくは知能を育む生活規範や文化を教えてくれているのです。


インドに生まれなくても、少しの自然科学の知識、常識、客観性を持っていたら、

自分は何を求めて、こんなに駆けずり回っているのだろうか?という疑問を持ち、

求めている自分=小さな自分、自分を圧迫している巨大な宇宙と時間、

それらはつまり、全部イーシュワラ、、と考えることを始められます。

イーシュワラについて教えているのはヴェーダだけです。

イーシュワラを少しずつ理解することによって、さらに客観性と心の豊かさを広げ、

本当の意味で「大人」、大きな人、つまり大きな心を持った人、に成長を続けるのです。

そんな人の心の中には平和あり、平和な心には幸せの意味の真実が見えるのです。


ヴェーダは全てサンスクリット語です。

ヴェーダの教えの伝統も、サンスクリット語を通して引き継がれています。

サンスクリット語を皆に分かりやすく紐解きながら、

イーシュワラの理解を、皆と共に深めていけますように。




イーシュワラの文法的解釈


サンスクリット語の文法にご興味がある方に。

前回のईशः [īśaḥ] と同じ意味です。

ईश् [īś] (司る、治める、権力を持つ)

というサンスクリット語の動詞の原形に、

前回は、अ [a] (~する者)という接尾語を付けましたが、

今回は、वर [vara](~する者)という接尾語を付けます。

(パーニニ・スートラ 3.2.175 のルールに拠る)

ईश् [īś](司る) + वर [vara](者) = ईश्वर [īśvara](司る者)

ですね。

このवर [vara]という接尾語は、「~する者」という意味の上に、

更に、

意味1.いつも~している人

意味2.もともと、~するようになっている人

意味3.~をするのが上手な人

という意味が重ねられています。


イーシュワラの統治とは、どういう意味のつながりで?


365日24時間、常に1秒も休まずに、

地球を回転させ、潮を満ち干させ、常温動物の体温を一定に保ち、

地球上にある物全てを、ふわふわ浮かないように地上に留めさせ、

カルマの法則によって、誰かを恋に落としたり、泣かしたり、

物理や生理や心理などのあらゆる法則の形で、

いつも統治しているのが「イーシュワラ」です。(意味1

そうする事が、イーシュワラの当然で自然な在り方なのです。(意味2

慣れないのにいやいや統治しているわけではありません。

イーシュワラの在り方自体が、様々な法則なので、

間違ったりする可能性はありません。

イーシュワラは統治が上手なのです。(意味3





== イーシュワラ(ईश्वरः [īśvaraḥ])が使われている文献 ==

バガヴァッド・ギーター18章61節

ईश्वरः सर्वभूतानां हृद्देशेऽर्जुन तिष्ठति ।
īśvaraḥ sarvabhūtānāṃ hṛddeśe'rjuna tiṣṭhati |
イーシュワラは、全ての生き物の心において、
(意識という形で)常にあります。

भ्रामयन् सर्वभूतानि यन्त्रारूढानि मायया ॥
bhrāmayan sarvabhūtāni yantrārūḍhāni māyayā ||
現象という形で混乱させて、
全ての生き物を、機械仕掛けのように動かし続けます。


ダクシナムールティ・ストートラム


ईश्वरो गुरुरात्मेति मूर्तिभेदविभागिने ।
īśvaro gururātmeti mūrtibhedavibhāgine |
イーシュワラ、先生、私、という様に、
別々の形であるかの様にで分け隔てる者、

व्योमवद् व्याप्तदेहाय दक्षिणामूर्तये नमः॥
vyomavad vyāptadehāya dakṣiṇāmūrtaye namaḥ||
空間の様に、全てに浸透し行き渡っている者、
そのダクシナムールティへ、この敬服を示します。






<< 前回の言葉 7.ईशः [īśaḥ] - イーシャ <<

宇宙の法則に、安心して委ねられる為の智慧、
イーシャーヤ、ナマハ。
   
 


>> 次の言葉 9.उदकम् [udakam] - ウダカ >>

水という意味のサンスクリット語。

水の神様、お風呂に入るときのマントラなど。

Medhaみちかの関連サイト

人気の投稿(過去30日間)