2014年2月7日金曜日

5.イダム(इदम् [idam])- これ、この

इदम्
[idam]



pronoun これ、この





サンスクリット語の代名詞


サンスクリット語の名詞の中で、35種類あるसर्वनाम(代名詞)の中で、

このइदम् [idam]は、ある程度近くのものを指す代名詞です。


「これ」とか「それ」という意味の代名詞には4つあります。
1.एतद् [etad](エタド)
2.इदम् [idam](イダム)
3.अदस् [adas](アダス)
4.तद् [tad](タド)

1.自分に一番近いのが、एतद् [etad]。
2.次がइदम् [idam]。まだ「これ」の範囲。
3.少し離れて、अदस् [adas]から「それ」になる。でもまだ見える範囲。
4.तद् [tad]の「それ」は自分にはもう見えない範囲。

इदम् [idam]という代名詞は、サンスクリット言語の中で、

男性形、女性形、中性形と全ての性で活用するのはもちろん、

いろいろな接尾語が付いて、様々な形に変化し、頻繁に使われています。


イダムの哲学的意味


哲学的には、इदम् [idam]という言葉は、とても大事な意味で使われます。

その大事な意味とは、、、


इदम् [idam]=「これ」と、指さして”対象化”出来ることから、

「対象化出来るもの」と言う意味で使われます。


目の前の机はもちろん目や触覚で対象化出来ます。

テレビやラジオやインターネットで見聞きする情報は、

目の前のディスプレイのみならず、

扱われている情報も全て、

自分の頭(マインド、心)で対象化出来ます。

遠くにある土星や、視覚の届かない何処かの星雲やブラックホールも、

マインドの対象物です。

自分の身体も、見たり触ったり感じたり出来るので、対象物ですね。

自分の心も、自分にとっては対象物です。

嬉しい時も、悲しい時も、忙しい時も、全ては、

マインドの中で起きている事を私が対象化しているのです。

細胞も、原子も、素粒子も、対象物です。

時間も、空間も、私にとっての対象物です。

これら全て、対象化出来るものを、इदम् [idam]と呼ぶのです。


イダム(客体)を対象化している永遠の主体、私


では、対象化している、主体は?

それは、「私」です。

इदम् [idam]には絶対にならない、主体の「私」です。


茂木健一郎氏が、捜し求め続けている「クオリア」の正体は、

この「私」に他ならないのです。


研究も瞑想も必要なく認識できる、今ここにいる「私」が答えなのです。


(研究や瞑想に、時間や労力を投資すればするほど、
こんな簡単な答えを、受け止めるのが難しくなるようです。)


इदम् [idam]=「これ」という言葉で指せるものは全て、

「私」という主体に対しての、「対象物」なのです。

と言う事は、

इदम् [idam]=「これ」という言葉で指せるものは全て、

「私」では無いのです。

この世界、この人、この体、この心、、

「私」は対象化できない


最終的主体である「私」だけが意識的な存在であり、

それ以外の全ては、इदम् [idam]と言われる対象物なのです。


まず、इदम् [idam]を提示して、その意味を理解し、

それが、「私」の認識へと、導いてくれるのです。


茂木健一郎氏が「クオリア」を追い求め続けなければならないのは、

なぜかというと、「対象化できない、対象化の最終主体」を、

対象化の範囲で捉えようとしているからです。


意識的主体、私の正体


バガヴァッド・ギーター13章の最初から、

バガヴァーンが教えます。

इदं शरीरं कौन्तेय क्षेत्रमित्यभिधीयते ।
idaṃ śarīraṃ kaunteya kṣetramityabhidhīyate |

”「この」体は、「クシェートラ」です。”

クシェートラ=耕地=行動をして結果を刈り取る場所


एतद्यो वेत्ति तं प्राहुः क्षेत्रज्ञ इति तद्विदः॥१३-१॥
etadyo vetti taṃ prāhuḥ kṣetrajña iti tadvidaḥ||13-1||

”このクシェートラを(対象物として)知っているのが、クシェートラを知る者です。”

身体のことを「私」だと思いがちだけど、

その身体を対象化している「私」は身体とは別の、主体である。

ここまでは、わかり易いですね。


バガヴァーンは続けます。

क्षेत्रज्ञं चापि मां विद्धि
kṣetrajñaṃ cāpi māṃ viddhi

”そのクシェートラを知る者(つまり、あなた)が、

私(つまり、バガヴァーン)であると知りなさい。”

これは爆弾発言ですね。


バガヴァーンは続けてもう一つ爆弾を落とします。

सर्वक्षेत्रेषु भारत।
sarvakṣetreṣu bhārata|

”全てのクシェートラ(身体)において”

「私=バガヴァーン」でも、さっき十分びっくりさせられたのに、

「私=バガヴァーン=全員」って!


よくある疑問:

「私」は私にとっては、最終の主体だけれども、
他の人にとっては、私は対象物なんですけれども。

答え:

私の意識と、横で私を対象化している人の意識を、

2つのものとして隔てているものは何でしょうか?

身体や、心や、空間などですね。

それらは、全て対象化出来るものですね。


क्षेत्रक्षेत्रज्ञयोर्ज्ञानं यत्तज्ज्ञानं मतं मम॥१३-२॥
kṣetrakṣetrajñayorjñānaṃ yattajjñānaṃ mataṃ mama||13-2||

”クシェートラとそれを知る者についての知識が、
本当の知識であり、それは私のヴィジョンです。”


「本当の知識」の反対は、「そこそこの知識」=私達が知っている事全て。

「私のヴィジョン」とは、無知や誤解、混乱のないヴィジョン。


サンスクリットのボキャブラリーを紹介するだけのページにしようと思ったのに、

いつも、「書きすぎたかなぁ」と思ってしまいます。

ヴェーダーンタの教える知識を、インターネット上でこんなに公開してしまってよいのか?

という議論はいつもありますが、ここまで読んでくれる人は、

必ず「アディカーリン」(この知識を得る為の資格を持っている人)に違いない筈です。


=== इदम् [idam] が使われている文献 === 

チャーンドーギャ・ウパニシャッド6章2節マントラ1
सदेव सोम्य इदमग्र आसीदेकमेवाद्वितीयम् ...
sadeva somya idamagra āsīdekamevādvitīyam ...
”創造の前には、इदम् [idam] =この世界/宇宙は、
現れていない形で在った。(以下略)”


ここでは、इदम् [idam] は、この宇宙、創造という意味です。

対象化出来る物全て、と同じ意味です。



इदं सर्वम्
idaṃ sarvam
”この宇宙、創造の一切合切”

イーシャーヴァーシャ、タイッティリーヤ、マーンドゥーキャなど、

殆ど全てのウパニシャッドに登場する言葉です。

それゆえに、何度も繰り返し教えに耳を傾けながら、

しっかりと意味を把握するべき言葉なのです。

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)