2015年2月10日火曜日

40.カイヴァッリャ(कैवल्यम् [kaivalyam])- 唯一であること、モークシャ、人生のゴール

कैवल्यम् 
[kaivalyam] 

neuter - 唯一であること、モークシャ、人生のゴール




前回の「ケーヴァラ(केवल [kevala] - )」で見た、「唯一の、ただそれだけ」という意味に、

「~であること」「~というステータス」という言葉を作るための接尾語「ष्यञ्」をつけて、

となりまして、「カイヴァッリャ(कैवल्यम् [kaivalyam] )」が出来上がりです。

केवल + ष्यञ्  5.1.123
कैवल + य            7.2.117
कैवल् य                6.4.148


途中の番号が気になる方は、パーニニ文法を勉強してみましょう!

ऐश्वर्यम् [aiśvaryam] - アイシュワリヤ でも同じステップです。


なぜ、唯一であることが、モークシャと呼ばれる、人生のゴールなのでしょうか?

モークシャ(मोक्षः [mokṣaḥ] )とはちなみに、「自由になる」という意味です。

何から「自由になる」のでしょうか?

悲しい自分、苦しい自分、辛い自分、小さい自分、不健康な自分、

楽しくない自分、つまらない自分、こんな自分、あんな自分、、、

そんな自分から解放されたいが為に、物乞いから億万長者まで奔走を続けています。

かといって、「自分」からの自由、というわけではありません。

「自分」の前についている、あれやこれやの「形容詞」からの自由です。

形容するということは、区切りをつけている、つまり限界をつけているということです。

結局のところ、人間誰しも、自分の持っている限界が気に食わない訳です。

じゃあ、それから自由になるには?

ヴェーダは教えます。「あなたは、もともと限界から自由です。」

区切るものが無いから、だからたったひとつ、唯一の存在なのです。

へぇー、それは知らなんだ。そう、自分に対しての無知が原因なのです。

無知を取り除くには?知るしかない。


なぜモークシャにヴェーダーンタが必要なのか?


しかし、なぜヴェーダに教えてもらわないといけないのか?

私達に与えられている情報収集機能は、目鼻口などの五感と、

五感から得られたデータをベースにした推論だけです。

それらは全て、自分以外のことを知るためにあります。

色や形や言葉の意味も、全ては区切りであり限界です。

だから、自分自身の本質は、自分ではどうしても知ることの出来ないように出来ているのです。

とてもシンプルなことですが。

では、ヴェーダの言うことが正しいとして、理解出来れば、

「私はただ唯一の存在です。だから全ての限界から自由です。

だから、”~な自分”から逃げるための奔走から自由です。

今ここにいる自分でない自分になろうとして
行動しを繰り返し、生まれ変わりを続けること、
それが、サムサーラ(輪廻)

つまり、人生のゴールは私であり、それは私であるがゆえに、もう達成されているのです」

と言い切れるのです。

ヴェーダを分かったつもりで、でも理解出来てない人達が、

「分かったから、じゃあ、瞑想に入って、その無限とやらを体験しよう」と言い出すのです。


リミットレスは体験出来ない。理解するしかない。


瞑想して、サマーディや涅槃の境地に入っても、

「境地に入る」こと自体、限界を表しています。

入るということは、以前はそれに入っていなかった、

そしてまたいつかは出る、ということです。

全ての時間と場所に存在を与えているのが無限の存在なのです。

それがあなたなのです。

全く同じ理屈で、天国や地獄も、出たり入ったりの境地に過ぎません。

ハワイも罰ゲームも同じです。


人生を正しく生きれば、心が成長し、考えを歪ませる感情から自由になり、

物事を客観的に観察出来るようになります。

この世やあの世の全ての限界の見極めがついた時、

ヴェーダの言葉「あなたは無限の唯一の存在だ。」を理解するのはたやすい事なのです。


その時、目に見える無数の限界の全てはどうなるのでしょうか。

これをちゃんと教えないのが、中途半端なヴェーダーンタであり、

一般的に現代のヨガ界・スピリチュアル界で氾濫している考え方です。


自分の中にも外にもある限界、全ての現象とその因果関係を、

物理の法則や生物学の法則、心理学の法則など、

寸分の狂いも無い全ての法則の中にあるという理解が先に必要です。

これが、ヴェーダで教えられている、イーシュワラの理解であり、

それは客観的で成長した心の持ち主の世界観なのです。





>> 次の言葉 41.कौमुदी [kaumudī] - カウムディー >>

優しい月明かりという意味のサンスクリット語の単語です。

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)