2015年1月6日火曜日

39.カイラーサ(कैलासः [kailāsaḥ])- マウント・カイラーシュ、カイラーサ山

कैलासः 
[kailāsaḥ] 

masculine - マウント・カイラーシュ、カイラーサ山


ヴィシュヌ神の住居がヴァイクンタであるように、

シヴァ神の住居はカイラーサです。

シヴァ一家が住む、カイラーサ山

インド聖地巡礼の道のり


ヴァイクンタはこの地球上に無いので、

死んでからじゃないとヴァイクンタには行けません。

ヴィシュヌ派の巡礼地は108あって、それぞれにランクがついているそうです。

もちろんナンバーワンは、ヴァイクンタですが、なんせ天国なので、

生きているうちにいける巡礼地のナンバーワンは、ナンバーツーの”バドリナート”だそうです。

さすがヴェーダの国、インド。この世とあの世の境がごっつ適当!

バドリナートは、私の故郷リシケシから車で一日かけて行ける場所ですが、

そこまでの道のりは、崖を削って作ったくねくねした細い山道で、

運転手たちが向こう見ずに車を飛ばしまくっています。

リシケシからバドリナートの道のりはずっとこんな感じ。

いつ対向車と正面衝突しても、道から逸れて崖から落ちてもおかしくないまま、

バドリナートに到着するのが先か、ヴァイクンタに到着するのが先か?

と、まさに、12時間のスリリングな道のりです。

道のりの間ずっと、マントラを唱え続けたりしながら、

嫌でも、神様のこととか、人生のこととか、いろいろ考えてしまいます。

さすがヴェーダの国、インド。皆がスピリチュアルに向かうように、

あちらこちらすべてに仕掛けが仕込んであるんだなぁ。

おっと、シヴァ神のカイラーサから、ヴィシュヌ神のヴァイクンタに話が逸れてしまった。

カイラーサの道のりは、もっとハードです!


聖地カイラーサ(マウント・カイラシュ)への道のり


現在は中国領です。チベットより、もっともっと奥のヒマラヤ山脈の一部です。

でも、この世にあるので、今回の人間の体の中で生きているうちに行ける場所ですよ。

生きている間に行って帰ってこれる天国です。

ちなみに、ヴェーダが教えるには、天国というところは、行ってもいいけど、

どうせまた帰ってこなければならない場所なんですよ。

あんまり気軽に行ける感じではない

ネパールのカトマンドゥから、ジープとコックさんを雇って、

2週間かけて行って帰ってくるツアーで、お一人様20万円くらいかかるそうです。

ヘリコプターを使えば、10日間で往復出来るそう。

道のりです。ご参考までに。

カイラーサ山の頂上には、ॐ(オーム)が見えるのだそう。

「ॐ」が見えた?

シヴァ神のもう一つの住処


しかし、シヴァ一家は、一年の半分くらいは、カーシー(ヴァラナシ)の、

ヴィシュワナータ・テンプルという、外国人は入れないヒンドゥー寺院に住んでいらっしゃるそうです。

夏はカイラーサ、冬はヴァラナシなのかなぁ。と想像してしまいますが、

ちゃんとした日程はないそうです。

まぁ、どの時間にも、どの場所にも、在るもの全ては、パールヴァティーの表れだし、

すべての時間と空間に、存在を与えて支えているのはシヴァだし、

それはつまり、すべての時間と空間を対象化している、意識という主体、

つまり、「今」「ここ」にいる自分のことなんですが。





>> 次回の言葉 40.कैवल्यम् [kaivalyam] - カイヴァッリャ >>

サムサーラ=今の自分では無い自分になろうと頑張り続けること
それからの自由がモークシャ、カイヴァッリャ







<< 前回の言葉 38.कोटिः [koṭiḥ] - コーティ <<

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)