2014年6月7日土曜日

27.キータ(कीटः [kīṭaḥ])- (這う)虫

कीटः
[kīṭaḥ] 

masculine - (這う)虫




哲学的な話、時空を超えたレベルのトピックを今まで扱ってきた中で、

突如、地を這う小さな虫、「キータ(कीटः [kīṭaḥ] )」の登場です。

「キータ」の「タ」の音は、舌を反らせて出す、かわいい「タ」の音。

名前の音に表されているように、小さくて頼りない虫が「キータ」です。

ヴェーダーンタでは、運命に翻弄されている、無力な「個人(ジーヴァ)」の

例えとして、この「キータ」という言葉が使われることがあります。

小さな尺取虫君は、一生懸命葉っぱから葉っぱへと這いながら進んでいるけど、

自分でも結局どこに進んでいるのかをよく分かっていません。

周りは天敵だらけです。さらに、襲ってこられても戦える武器も手足すらも持っていません。

ごく稀に、人間の視界に入った場合、「あ、虫。」と払い除けられて、

ぜんぜん分からない場所に放り投げられたりします。

そんな情けない「キータ」君が、

これから紹介する「パンチャダシー3章」の冒頭に登場します。




नद्यां कीटा इवावर्तादावर्तान्तरमाशु ते।
nadyāṃ kīṭā ivāvartādāvartāntaramāśu te|
河の中に落ちて、波から波へとさらわれている虫たちのように、

व्रजन्तो जन्मनो जन्म लभन्ते नैव निर्वृतिम्॥ ३०॥
vrajanto janmano janma labhante naiva nirvṛtim‌|| 30||
生と死を繰り返しながら、あちこち移り渡っているけれども、何も達成出来ていません。

सत्कर्मपरिपाकात्ते करुणानिधिनोद्धृताः।
satkarmaparipākātte karuṇānidhinoddhṛtāḥ|
今まで積んできた徳が実った時、深い思いやりを持った先生に(河から)助け出されます。

प्राप्य तीरतरुच्छायां विश्राम्यन्ति यथासुखम्॥ ३१॥
prāpya tīratarucchāyāṃ viśrāmyanti yathāsukham‌|| 31||
河のほとりにある木陰で落ち着き、自分のあるがままの幸せの中で休みます。

उपदेशमवाप्यैवमाचार्यात्तत्त्वदर्शिनः।
upadeśamavāpyaivamācāryāttattvadarśinaḥ|
真実を知る先生からの教えを得て、

पञ्चकोषविवेकेन लभन्ते निर्वृतिं पराम्॥ ३२॥
pañcakoṣavivekena labhante nirvṛtiṃ parām‌|| 32||
パンチャコーシャ・ヴィヴェーカ(この章のタイトル)によって、絶対的達成を得ます。


ちなみに、パンチャコーシャとは何でしょうか。

「パンチャ」とは、数字の「5」、

コーシャ」とは、刀を納める「鞘(さや)」のことです。

5つのコーシャは以下の通り:


  1. アンナマヤ・コーシャ
  2. プラーナマヤ・コーシャ
  3. マノーマヤ・コーシャ
  4. ヴィッギャーナマヤ・コーシャ
  5. アーナンダマヤ・コーシャ


パンチャコーシャの意味1:

刀はどこにある?と聞かれた時、

鞘(さや)の中で刀が見つかるように、

自分(アートマン)はどこに居る?と聞かれた時、

自分が見つかる場所、例えば自分の身体とか心とかのことを、

コーシャと呼びます。

つまり、自分のことを認識している時に、

何を持ってして「自分」と認識しているのかを分析し、

それを5つのレベルに分けたものが、パンチャコーシャです。


パンチャコーシャの意味2:

鞘(さや)が刀を隠してしまうように、

自分(アートマン)の本質も、自分の身体や心によって隠されているようです。

この意味でもパンチャコーシャという言葉が使われます。


両方どちらの意味にしても、

自分はこれだとして認識しているけど、

本質的には自分でないものがパンチャコーシャです。

従って、パンチャコーシャが何なのかを正しく知れば、

それら5つのコーシャと取り違えられている、

本当の自分の意味が正しく理解できるのです。

この、自分に対する勘違いを正すプロセスが、

「パンチャコーシャ・ヴィヴェーカ」なのです。


ひとつひとつのコーシャの意味は、

後に出てくる 「コーシャ(कोशः [kośaḥ])」 の回で紹介しますね。


Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)