2014年6月10日火曜日

28.キールティ(कीर्तिः [kīrtiḥ])- 名声、有名であること

कीर्तिः

 [kīrtiḥ] 


feminine - 名声、有名であること




キールティの意味



「名声」とか「有名人」とか聞くと、

ハリウッドとか、芸能界とか、ビジネスや政治で成功した人とか、

いかにも俗世間的な感じがしますが、

ヴェーダーンタ・シャーストラで使われる場合は、

もちろん、もっと深い意味で使われます。


自分の能力は誰のもの?


名声を得る、ということは、何かの分野で成功した証です。

成功を収めるには、それなりの能力や資源が必要です。

ビル・ゲイツは、相当な働き者だろうし、頭もいいし、

鋭いビジネス感覚や先見の明を持っているはずです。

優れた人材や、時代の風潮にも恵まれていたでしょう。

その全ての能力や資源は、誰のものなのでしょうか?

「俺だよ!俺が人一倍頑張ったんだよ!」と言う権利はもちろんビル・ゲイツにありますが、

彼が頑張れるのも、その能力が彼に与えられていたからです。


自分の行動と能力に神を見る


ヒンドゥーの子供たちが、一般的に教わる毎日のお祈りの中に、

朝一番にまず自分の手のひらを見ながらするお祈りがあります。

कराग्रे वसते लक्ष्मीः [karāgre vasate lakṣmīḥ]
手の先にはラクシュミー(あらゆる富の女神)が住んでいる。

करमध्ये सरस्वती । [karamadhye sarasvatī |]
手の中程にはサラッスヴァティー(あらゆる知識の女神)が住んでいる。

करमूले तु गोविन्दः [karamūle tu govindaḥ]
手の付け根にはゴーヴィンダ(全ての現象に存在を与えている意識)が住んでいる。

प्रभाते करदर्शनम् ॥ [prabhāte karadarśanam ||]
朝に手を見ること。



どういう意味なんでしょうか?

手は、人間の行為の道具の象徴です。

ラクシュミーは全宇宙の富や資源の象徴です。

サラッスヴァティーは全宇宙の智恵。

毎朝、行為の象徴である自分手の中に彼女たちの存在を思い出し、

「私が仕事が出来るのは、彼女たちのパワーのおかげ。

私の行為のひとつひとつを可能にしているのは、彼女たちである資源と智恵。

私が今日一日の中でする仕事の中に、彼女たちの恵がありますように。」

と祈るのです。


手の付け根で彼女たちを支えている=存在を与えているのは、

ゴー(言葉によって)ヴィンダ(得られる)=クリシュナ。

ヴェーダーンタ・シャーストラ(文献)によって得られる知識についても、

毎朝ちゃんと思い出すのです。


イーシュワラを見せる仕掛けがいっぱい詰まったヒンドゥー生活様式


ヒンドゥーの生活文化には、朝起きてから寝るまで、

全てにイーシュワラを見出す為の仕掛けが、そこらじゅうに散りばめてあります。

最初は???と思わざるを得ない習慣だらけですが、

シャーストラを勉強すればするほど、そこに隠されている意味が見えてきます。

人間の傾向や心理までよく見透かした、とても深い仕掛けです。


「バガヴァーン」という時の6つのバガに、

この कीर्तिः [kīrtiḥ] 「キールティ(名声)」と同じ意味の 、

यशः [yaśaḥ]「ヤシャス(名声) 」が含まれています。

人が名声を得た時、成功を収めた時、

自分にばかりに意識が行ってしまって、大きなヴィジョンを逃さないように、

「名声とは、バガヴァーンのものなんですよ」と思い出させてくれているのです。


自分が持っている能力や資源を、バガヴァーンのものと見なし、

「私はそれらをうまく使うように管理を任されているだけ」

といった態度で仕事をする時、

その人には、リラックスした客観的姿勢が生まれ、

もっと大きな意味でのさらなる成功を収めやすくなるのです。


= कीर्तिः [kīrtiḥ] - キールティ が使われている文献 =

タイッティリーヤ・ウパニシャッド1章18節
कीर्तिः पृष्ठं गिरेरिव ।  [kīrtiḥ pṛṣṭhaṃ gireriva | ]

トリシャンクという名のリシ(聖者)が、ヴェーダーンタの知識を得たときの発言だとされる。

「私の名声は(kīrtiḥ )山の(gireḥ)頂上(pṛṣṭhaṃ )の様(iva )だ。」

つまり、知識を得た人、つまりジーヴァンムクティを讃える為の表現。

または、その人はイーシュワラであることから、無限の名声を持つという表現。






<< 前回の言葉 27.कीटः [kīṭaḥ] - キータ <<

サンスクリット語で「小さな虫」という意味です。
パンチャ・コーシャについても。




>> 次回の言葉 29.कुमारः [kumāraḥ] - クマーラ >>

シヴァとパールヴァティーの息子、ガネーシャの弟の
「クマール」くんのお話。

Medhaみちかの関連サイト

  • 長寿の薬 - 今日はディーパーヴァリ。 テンプルのランゴーリは今期卒業生のあいちゃんの力作。 今朝はテンプルのプラサーダムも、ラッドゥーや揚げ菓子・ポン菓子など、スペシャルなアイテムでいっぱい。 早朝クラスなどで遅れてやって来た私の為に、テンプルのアンマジが取り置きしてくれたプラサーダムを包んでくれ、Happy diipa...
  • ガネーシャを思いだすティータイム - アシュラムの近くのリタイアメント・ホームから帰って来ました。 あちらでは、午後ティーは4時からと遅めでスナック付き。 今日はガネーシャの好きなモーダカ (米粉の生地の中にココナッツとジャガリーを入れて蒸した捧げもの)と、 パンチャームリタ、そしてカーリーチャナ(黒いひよこ豆)、 と何だかガネーシャのプージャ...
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
  • 6th Chapter 20th Sloka - *यत्रोपरमते चित्तं निरुद्धं योगसेवया ।* *यत्र चैवात्मनात्मानं पश्यन्नात्मनि तुष्यति* *॥**६.२०**॥* yatroparamate cittaṃ niruddhaṃ yogasevayā | yatra caivātm...
  • 神々を身近に感じる生き方、ヒンドゥイズム - 広大なインドの、どの地域のどの村でも、 ヴェーダの伝統が残る場所に行って、 そこなへんにいるおじさんやおばさんに、 「神様はどこにいますか?」 という質問をしたならば、 必ず驚いてキョトンとした顔をされるでしょう。 なぜなら、 「ここにある全ては神様(バガヴァーン)」 なのですから。 神様のい...
  • シュローカ19 ブランマンの定義に対する反論: - ブランマンの定義に対する反論: न युक्तं भूतयोनित्वंसाधनान्तरवर्जनात् । एकस्माच्चेतनाद्भूरिजडानामप्यसम्भवात् ॥१९॥ na yuktaṃ bhūtayonitvaṃ sādhanāntaravarjanāt | ekasmācce...

人気の投稿(過去30日間)